株式投資に役立つ情報

銘柄スクリーニングとは、銘柄をフィルターにかけるということです。すなわち、株式の銘柄といっても数千個もあるわけですから、その中から投資対象を選び出すのは困難です。そこで、ある一定の基準でフィルターにかけて、投資対象の銘柄を絞り込むという訳です。

また、ポートフォリオは株式や債券などの金融商品の組み合わせという意味合いがあります。通常、金融商品には国債などのリスクは
少ないものの、利回りは期待できない安全資産、そして株式や投資信託、外貨預金といったリスクを伴うものの、利回りのいい危険資産の2つに分かれます。この2つをどの程度組み合わせて持てば、リスクを考慮しながらもより利回りのいい感じになっていくか、その検討をする際にポートフォリオという言葉が使われます。

あるいはインデックス投資で、市場の平均値に連動した動き、同じ値動きを目指すという投資法を有効です。ここで言われる市場の平均値とは、日経平均株価、TOPIXなどであり、この数値と連動していくことを目指したやり方をインデックス投資と言います。一方、この平均値を上回るようなやり方をアクティブ運用と言います。一見するとアクティブ運用の方が良さそうですが、平均値はあくまで全ての投資家の平均であり、これを超えてくるのはリスクが伴います。また、コスト面で色々と人手がかかるようになるため、全てをトータルした時にインデックス投資の方が合理的です。そのため、ここ数年になり、このインデックス投資による金融商品、こうしたやり方を参考にする投資家などが増えています。

ただ、日経平均の動きがないときはほとんど利益が出ないため、どのような相場でも安定して稼ぎたいというのであれば株主優待が最も適しているといえると思います。
株主優待でカンタン不労所得というサイトで特に詳しく欠かれているので参考にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です